敏感肌・乾燥肌のスキンケア

敏感肌にとっておきのスキンケア法

 

敏感肌の人は乾燥肌であることがほとんどでしょう。乾燥肌は、肌に水分がなく保湿が出来ていない状態です。そして乾燥すると、外部からの刺激に弱くなり敏感肌になってしまうという理屈です。

 

冬の季節はもちろんですが、日頃からしっかり保湿対策を行い、肌にうるおいをもたせましょう。と言っても、どうするの?ってことですよね?

 

手っ取り早いのは、化粧品で補うことです。肌の水分はセラミドのような保湿成分を外部から入れて外に逃がさないようにすることができます。

 

昔は、ヒアルロン酸が一般的な保湿成分でしたが、最近はセラミドの方が人気もありますし、実力も上でしょう。セラミドがたっぷり入った化粧水をぜひ使って下さい。

 

保湿がしっかりできる敏感肌用の化粧品で鉄板なのは、「アヤナス」です。誰もが知っているポーラが生み出した特許技術で安心安全にスキンケア。

 

トライアルがありますから、リスクなしでお試ししてみて下さいね。

 

アヤナス矢印

 

敏感肌・乾燥肌のスキンケア記事一覧

敏感肌の方は少しの刺激でもお肌のトラブルが悪化してしまうので、日常生活において食生活や睡眠、スキンケアなど気を付けた方が良いです。敏感肌の方がまず取り組みやすい改善方法と言えば洗顔でしょう。洗顔法を意識するだけで、炎症やほてり、痛みなどのトラブルを未然に防ぐことができます。敏感肌の方にはNGとなる洗顔法と言えば熱いお湯や、冷たい水で洗うことです。熱いお湯だとお肌の皮脂を過剰に洗い流してしまいますし...

毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。例えば美容液や乳液は保湿効果が高い分、刺激が強い場合が多いので使用しない方が良いこともあります。また無添加だから良いと思いがちなスキンケアのラインナップでも、自分の肌に合わないオイルが使用されていて...

敏感肌とは、乾燥が進み肌に抵抗力が無くなった状態です。日々のストレス、睡眠不足、間違ったスキンケアなどで影響がある場合があるので見直しも大切です。体質、遺伝でおきる場合があるので専門医に相談する方が良い場合もあります。まずは、化粧水選びが大切です。保湿を一番に考え、シンプルな美容成分を選ぶ事です。セラミド一番の美容成分は、セラミドです。セラミドは、表皮の一番上の角質層に存在するもので、水分を蓄えて...

10代・20代の時は特にスキンケアに気を付けてなかったわって人も多いかと思います。若い時はターンオーバーのサイクルも良く、何もしていなくてもお肌の衰えはそんなに感じなかったかもしれません。ですが、30代に突入してあれ?あれあれ?と、何かしらの変化を感じ始めるのが30代のお肌です。特に敏感肌・乾燥肌の方はその変化に大きく気付くことになるでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸などの若さを保つための成分が減...

敏感肌の方は、スキンケアを一番大切にしなければなりません。少しでも刺激を感じるような洗顔料や美容液などがあれば、すぐに使用を中止して肌を休めることが大切です。敏感肌の方は肌の表皮が薄いことも原因になるので、合わないコスメを使用し続けていると乾燥肌にもなってしまうことがあります。天然素材で成分がはっきりしているものを使い、パッチテストをしてから使い始めることが重要です。アルコールや香料が入っているも...

洗顔をするとヒリヒリする・赤みを帯びてしまうなど、敏感肌の方は自分に合う化粧品選びを行うのが本当に大変です。その中で、「敏感肌にはセラミドが含まれた保湿効果の高いアイテムがおすすめ」という知識を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、なぜ敏感肌に保湿効果の高いセラミドが含まれた化粧品が効果的なのか、その理由や、その成分に関する詳しい知識をご紹介します。そもそも敏感肌というのは、...

30代になると、若い頃に比べても肌のハリ・ツヤなどが少しなくなった気がしてくる方もいるでしょう。乾燥肌や敏感肌などの場合は、外部からの肌の刺激により肌荒れしやすく、肌の乾燥に悩む方も増えてきます。30代では、若い頃に比べ肌質なども少し変化してくるため、同じスキンケアをしていては、化粧品が肌にあわなかったり、また、刺激が強すぎてしまいかえって肌荒れなどを起こす原因になることもあります。30代からのス...

敏感肌とは、外部の刺激によってヒリヒリしたりかゆみを過剰に感じる肌のこと。お肌が本来もっている力のひとつであるバリア機能が低下し、皮膚の表面が乾燥している状態です。敏感肌は、生まれ持った体質によることもありますが、ほとんどの場合が加齢や乾燥、そして間違ったスキンケアなどが原因です。また、お肌の表面である角質層の水分量が減ると、さらにその下の組織である肌の水分量をたくさん貯蔵しているコラーゲン、ヒア...