セラミドは最高の保湿成分

敏感肌には保湿効果の高い成分を!

 

敏感肌の化粧品

洗顔をするとヒリヒリする・赤みを帯びてしまうなど、敏感肌の方は自分に合う化粧品選びを行うのが本当に大変です。

 

その中で、「敏感肌にはセラミドが含まれた保湿効果の高いアイテムがおすすめ」という知識を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、なぜ敏感肌に保湿効果の高いセラミドが含まれた化粧品が効果的なのか、その理由や、その成分に関する詳しい知識をご紹介します。

 

そもそも敏感肌というのは、乾燥による”肌のバリア機能の低下”から引き起こされることがわかっています。


 

肌を守るバリヤ機能回復にセラミドが必要

敏感肌の化粧品

本来肌というのは紫外線や乾燥した空気など、様々な外的刺激から守るためのバリア機能を持っていますが、その機能を維持するために必要な、細胞と細胞の間を埋める役割を持つ「細胞間脂質」という保湿成分が減少すると、同時に体内の水分量も減少してしまい結果としてバリア機能が低下することにつながってしまいます。

 

これらの要素が重なることで、少しの刺激でもトラブルが発生してしまう敏感な肌状態となってしまうのです。そこで、少しでも細胞間脂質の減少を抑えるために肌の保湿が非常に重要になるのです。

 

その中でセラミドという成分は、肌の表面の皮の中でも最も上の層である角質層という場所に存在しています。また前述でご紹介した「細胞間脂質」のひとつでもあります。

 

細胞間脂質には肌の水分量を保持して肌を保湿することに加え、細胞間をすき間なく埋めることで様々な外的刺激をシャットアウトするという重要な役割を持ちます。

 

セラミドはこの細胞間脂質の50パーセントほどを占める成分なので、不足しないよう毎回のスキンケアなどでしっかりと補充してあげることが大切になります。

 

また、他にも高い保湿効果を持つとしてあげられることの多い「ヒアルロン酸」という成分と比較すると、その違いが明らかになります。ヒアルロン酸は、もともと保持している水分を逃さないようにする肌に蓋をするような役割があります。

 

保湿という点では似たような効果を持ちますが、ヒアルロン酸自体、もともと角質層内には存在しない成分のため、肌馴染みが悪く、時間が経過するとべたつきが生じてしまうというデメリットがあります。

 

それに比べてセラミドは、もともと角質層に存在する成分であるため非常に肌馴染みが良く、浸透力も非常に高い成分なのです。

 

そのため時間が経過してもべたつきなどが発生することもなく、保湿ケアの主力としての使用を非常におすすめすることができる成分と言えるのです。


関連ページ

おすすめ洗顔法!
敏感肌は少しの刺激でもお肌のトラブルになる。敏感肌がやるべき最初の改善は洗顔方法。正しい洗顔方法を気を付けるだけで敏感肌を克服することも出来ます。間違った洗顔方法を今日からやめて敏感肌に合った洗顔法を取り入れよう。
間違いだらけのスキンケア
毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。
おすすめしたい美容成分5選
敏感肌、乾燥肌に有効な美容成分をご紹介。セラミドをはじめとし、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン。おなじみに美容成分から、難しい美容成分まで。シンプルな美容成分で敏感肌に対策しましょう!
年齢にあったスキンケア
10代20代30代、それぞれの年代で最適なスキンケア方法は変わってきます。お肌のターンオーバーのサイクルも違いますし、肌トラブルの種類も異なります。年齢にあったスキンケアを行いましょう。
スキンケア方法
敏感肌の方はスキンケアを大切にしましょう。少しでも刺激を感じるようであればそのスキンケア方法はやめるべき。肌を刺激しないのが一番です。刺激が強いと乾燥肌になってしまいます。肌の保湿を考慮してスキンケアを行いましょう。
30代のスキンケア
30代になると肌質も変わってきます。若かりし頃は潤いがあったのにと思うのも30代から。ハリ・つやがなくなったと嘆かずに、正しいスキンケアを心がけましょう。刺激が弱く保湿成分がたっぷり入った化粧品を選ぶのがコツ。基礎化粧を怠らないように!
化粧品の選び方
敏感肌はバリア機能が低下し皮膚が乾燥している肌状態のこと。刺激が強い化粧品を使ってはいけません。アヤナスのようなエイジング化粧品を使って肌に自然な潤いを取り戻すことを意識しましょう。ベースメイクはパウダータイプがベストです。