敏感肌に合う化粧品

敏感肌に最適なのはセラミド

 

敏感肌の化粧品

敏感肌とは、外部の刺激によってヒリヒリしたりかゆみを過剰に感じる肌のこと。お肌が本来もっている力のひとつであるバリア機能が低下し、皮膚の表面が乾燥している状態です。

 

敏感肌は、生まれ持った体質によることもありますが、ほとんどの場合が加齢や乾燥、そして間違ったスキンケアなどが原因です。また、お肌の表面である角質層の水分量が減ると、さらにその下の組織である肌の水分量をたくさん貯蔵しているコラーゲン、ヒアルロン酸まで影響し、深部から水分は失われてしまいます。

 

この角質層の水分のうち50パーセントはセラミドという角質細胞間脂質です。ですから、敏感肌の方は、セラミドがたくさん配合された基礎化粧品を選ぶと良いとされています。

 

セラミドでお肌の表面を整えることでお肌のバリア機能がよみがえります。さらに、コラーゲンとヒアルロン酸も配合されている化粧品を使用することで、表面だけではなく、深部から水分量を高めることができますのでお肌にハリと弾力を出すことができます。

 

基礎化粧品のタイプとしては、さらさらした化粧水や乳液よりもクリームやワセリンのほうが効果が高く、使用感も良いです。また、化粧品の配合成分がシンプルなこともとても重要です。

 

それは、配合成分が多いほどヒリヒリやかゆみが増してしまい、かぶれてしまいますので症状が重い場合は、セラミドが配合されたワセリンのみで角質層の状態を落ち着かせると良いです。

 


 

基礎化粧はアヤナスが鉄板

 

敏感肌の化粧品

さらに、エイジング化粧品であるアヤナスも敏感肌や乾燥肌の方に刺激を与えず使用でき、お肌に自然な潤いを取り戻すことができるとされています。

 

それは、このアヤナスの作用は、抗炎症作用とバリア機能をあわせもちますので、ヒリヒリした状態を鎮静し肌を強化でき、保湿力も高めます。ですから、重度の場合には最も適しておりストレスなく使用できます。

 

そして、メイク用品の選び方にも注意が必要です。特にベースメイクのファンデーションはリキッドタイプや、クリームタイプではなくパウダータイプを選ぶとよいです。

 

リキッドやクリームタイプのファンデーションは界面活性剤がたくさん使用されておりカバー力も強いため、ファンデーションを落とす時にお肌の表面に大きな負担がかかります。

 

洗顔で負担がかかってしまうとお肌の表面のダメージも強くなってしまいます。

 

このように、敏感肌や乾燥肌に対しては、適切なスキンケアとメイクを行うことで本来お肌がもっている力を再びよみがえらせて、症状を改善することができます。


 

関連ページ

おすすめ洗顔法!
敏感肌は少しの刺激でもお肌のトラブルになる。敏感肌がやるべき最初の改善は洗顔方法。正しい洗顔方法を気を付けるだけで敏感肌を克服することも出来ます。間違った洗顔方法を今日からやめて敏感肌に合った洗顔法を取り入れよう。
間違いだらけのスキンケア
毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。
おすすめしたい美容成分5選
敏感肌、乾燥肌に有効な美容成分をご紹介。セラミドをはじめとし、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン。おなじみに美容成分から、難しい美容成分まで。シンプルな美容成分で敏感肌に対策しましょう!
年齢にあったスキンケア
10代20代30代、それぞれの年代で最適なスキンケア方法は変わってきます。お肌のターンオーバーのサイクルも違いますし、肌トラブルの種類も異なります。年齢にあったスキンケアを行いましょう。
スキンケア方法
敏感肌の方はスキンケアを大切にしましょう。少しでも刺激を感じるようであればそのスキンケア方法はやめるべき。肌を刺激しないのが一番です。刺激が強いと乾燥肌になってしまいます。肌の保湿を考慮してスキンケアを行いましょう。
保湿成分が効く!
敏感肌は乾燥肌。しっかり保湿が出来る化粧品を選びましょう。保湿成分として最適なのはセラミド。セラミドは人間の皮膚にもある成分。加齢とともに減ってくるので、しっかり補いましょう。保湿と肌の保護をしてくれる成分セラミドは必須美容成分です。
30代のスキンケア
30代になると肌質も変わってきます。若かりし頃は潤いがあったのにと思うのも30代から。ハリ・つやがなくなったと嘆かずに、正しいスキンケアを心がけましょう。刺激が弱く保湿成分がたっぷり入った化粧品を選ぶのがコツ。基礎化粧を怠らないように!