敏感肌におすすめ美容成分

敏感肌に必要な美容成分

敏感肌に必要な美容成分

敏感肌とは、乾燥が進み肌に抵抗力が無くなった状態です。

 

日々のストレス、睡眠不足、間違ったスキンケアなどで影響がある場合があるので見直しも大切です。体質、遺伝でおきる場合があるので専門医に相談する方が良い場合もあります。

 

まずは、化粧水選びが大切です。保湿を一番に考え、シンプルな美容成分を選ぶ事です。

 

セラミド

一番の美容成分は、セラミドです。セラミドは、表皮の一番上の角質層に存在するもので、水分を蓄えて外気からの刺激から守ってくれます。

 

セラミドの種類は1~7まであり、外気からの刺激を守るもの。保湿をサポートするもの。シワを軽減させるもの。種類がありますので、成分表示を見るのも大切です。

 

数字が打ってあるものは、ヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは浸透力、保水力に優れて刺激が少ないです。そして、最近ではヒト型ナノセラミドと今までのセラミドよりも浸透力のある物も出てきています。

 

ヒアルロン酸

次に大切なのは、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は表皮に存在するので、たっぷりと与えてあげる事が大事です。

 

わかめや昆布に入っている成分でムコ多糖類の一つです。コラーゲンやエラスチンの隙間を埋めてくれます。

 

コラーゲン

コラーゲンは、皮膚、血管、歯など、殆どの組織に存在するたんぱく質です。コラーゲンも外部からの刺激を緩和したり、保湿の手助けをしてくれます。

 

エラスチン

エラスチンも同じ様にたんぱく質で、コラーゲンとコラーゲンを結びつけてくれます。エラスチンが減少すると、肌の弾力がなくなり、肌の抵抗力が減少します。

 

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質は、乾燥肌治療成分として使われてきた成分です。体内にあるヘパリンとにた物質で、保湿はもちろん、血行を促したり、抗炎症作用があります。

 

肌の内側から代謝を促してくれるので、敏感肌、乾燥肌の根本的な解決につながる成分です。一時的な保湿とは違い、肌密度を上げてくれます。

 

敏感肌に大切なこと

肌機能の回復に必要な、保湿、保水、血行促進、抗炎症

 

自分の肌の質、効き方もそれぞれですので、肌の状態に合わせて保湿剤を正しく使うことが大切です。季節によっても変化してしまうのが敏感肌です。

 

どの化粧水も優しく顔を包み、押さえ込むようにして保水することも大切です。顔だけではなく、身体も乾燥しますので、同じように保水してあげる事も大切です。

 

保水したあとは、水分は逃げやすいので蓋をしてあげる事も大切です。このときも、ワセリンなど不純物がない成分を選ぶ事も大切です。

関連ページ

おすすめ洗顔法!
敏感肌は少しの刺激でもお肌のトラブルになる。敏感肌がやるべき最初の改善は洗顔方法。正しい洗顔方法を気を付けるだけで敏感肌を克服することも出来ます。間違った洗顔方法を今日からやめて敏感肌に合った洗顔法を取り入れよう。
間違いだらけのスキンケア
毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。
年齢にあったスキンケア
10代20代30代、それぞれの年代で最適なスキンケア方法は変わってきます。お肌のターンオーバーのサイクルも違いますし、肌トラブルの種類も異なります。年齢にあったスキンケアを行いましょう。
スキンケア方法
敏感肌の方はスキンケアを大切にしましょう。少しでも刺激を感じるようであればそのスキンケア方法はやめるべき。肌を刺激しないのが一番です。刺激が強いと乾燥肌になってしまいます。肌の保湿を考慮してスキンケアを行いましょう。
保湿成分が効く!
敏感肌は乾燥肌。しっかり保湿が出来る化粧品を選びましょう。保湿成分として最適なのはセラミド。セラミドは人間の皮膚にもある成分。加齢とともに減ってくるので、しっかり補いましょう。保湿と肌の保護をしてくれる成分セラミドは必須美容成分です。
30代のスキンケア
30代になると肌質も変わってきます。若かりし頃は潤いがあったのにと思うのも30代から。ハリ・つやがなくなったと嘆かずに、正しいスキンケアを心がけましょう。刺激が弱く保湿成分がたっぷり入った化粧品を選ぶのがコツ。基礎化粧を怠らないように!
化粧品の選び方
敏感肌はバリア機能が低下し皮膚が乾燥している肌状態のこと。刺激が強い化粧品を使ってはいけません。アヤナスのようなエイジング化粧品を使って肌に自然な潤いを取り戻すことを意識しましょう。ベースメイクはパウダータイプがベストです。