敏感肌にセラミド成分

敏感肌はバリア機能の低下から

 

敏感肌の化粧品

化粧品には様々なタイプがありますが、その中でも敏感肌専用の化粧品は肌に優しい成分を配合して作られています。

 

なぜなら高機能スキンケアでも肌に少しでも刺激を与えるようなものであれば、敏感肌の場合はそれがすぐに肌トラブルの元になってしまうからです。

 

なぜそのように刺激に弱いのかというと、敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているからです。

 

人の肌は本来、高い保湿力と保水力からなるバリア機能があります。しかし、この保湿力や保水力は加齢やストレスなどにより低下してしまいます。

 

保湿力がなくなると肌が乾燥しやすくなるとともに、保水力もなくなるためハリがなくなり、外部刺激に弱い肌となってしまうのです。


 

敏感肌に効果的な成分

 

敏感肌の化粧品

では、このような乾燥した肌質にハリと潤いを与え、バリア機能を改善することのできるものにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

保湿力保水力に優れた効果のある美容成分の一つがセラミドです。セラミドとはスキンケアによく含まれていますが、実は元々、あなたの肌に存在しています。

 

セラミドは、肌表面の角質層の肌細胞の間に存在して、水分を蓄えることで隙間を埋め、外部刺激から肌を守っているのです。

 

そして保湿成分として知られるヒアルロン酸も肌に元々存在している成分です。ヒアルロン酸は肌内部に存在し、高い保水力により水分を保持することで肌を内側からハリのある状態にしているのです。

 

このセラミドとヒアルロン酸が存在するため、我々の肌にはハリと潤いによるバリア機能ができるのです。しかし、セラミドとヒアルロン酸は加齢と共に減少してしまいます。そして、肌は次第に刺激に弱い肌になってしまうのです。

 

ただ、セラミドやヒアルロン酸は、スキンケアで補うことで肌を刺激から守ることができます。まず、セラミド配合の化粧品を使うことでダメージを受けやすい肌細胞の隙間を埋めることができ、刺激を受けにくくすることができます。

 

ただし、セラミドにも様々な種類があります。肌の角質層にまで浸透させるのであればナノ化されたセラミドが有効です。

 

そしてヒアルロン酸もスキンケアにより肌に与えることができます。ただ、ヒアルロン酸は分子量が大きいため、肌内部には浸透しません。肌にハリを取り戻すには低分子ヒアルロン酸を含むスキンケアを使うと良いでしょう。

 

このように敏感肌の原因の一つは肌のバリア機能の低下です。

 

敏感な肌質を改善して美肌にするには加齢により減少した保湿成分を補うと、肌馴染みも良く、効果的です。ただし、敏感肌の化粧品を選ぶ際にはナノ化や低分子など浸透性の高いものを選ぶことをお勧めします。


 

関連ページ

敏感肌のメカニズム
化粧品には、敏感肌用というジャンルがありますが、敏感肌という病名はありません。ですが、現実には自分が敏感肌と思っている人も多いですし、実際に肌が乾燥し敏感な肌質の人が多いのも事実。敏感肌のメカニズムについて探ります。
原因とその対策
乾燥肌と敏感肌はセットのようなもの。乾燥肌になると敏感肌になる人がほとんどです。冬の空気が乾燥している時はさらに要注意。乾燥すると外部からの刺激に対して弱くなるため、十分なスキンケアを心がけましょう。
使いたくない化粧品成分
敏感肌のあなたに合わない化粧品成分はなんでしょうか?また防腐剤は肌に悪いという固定概念がありますが、敏感肌にとって防腐剤はあった方が良い成分です。誤解している情報を消し去り正しい敏感肌のスキンケアを行いましょう。
食事内容を見直す
敏感肌の人が改善すべき点の一つとして食生活がある。肌の調子を悪くする食事をしていては、良い化粧品を使っていても敏感肌が治るはずがない。肌に良い食事をして、腸内環境を整えよう。
生活習慣を改める
敏感肌を生み出す一番多い生活習慣と言えば、間違ったスキンケア。時間をかけて洗顔したり、ゴシゴシ洗うのは厳禁。食生活の乱れや睡眠不足も敏感肌に繋がります。悪い生活習慣は敏感肌に直結しますから、良い生活習慣を心がけましょう。
防腐剤は必須成分
防腐剤と聞くと肌に悪いもの!っていうイメージがあります。化粧品には入っていない方が良いと思われているかと思いますが、化粧品を腐敗させず老朽化しないように守ってくれる薬剤です。敏感肌の方には防腐剤は結構大切。防腐剤の知識を増やして行きましょう!
選んではいけない化粧品
敏感肌の人は外部からの刺激が天敵です。化粧品だって刺激の強いものをつけていたらそれも肌にダメージを与えます。刺激の弱い保湿効果が高い化粧品を選んで下さい。若い時に使っていた刺激が強い化粧品はご法度です。
アトピー肌の対策
アトピー肌とは過敏症の一つで、皮膚が炎症を起こしやすかったり、水分の保持力が低下しているためにひどい乾燥状態になったりしている状態の肌のこと。アトピー肌になってしまう原因と対策をまとめました。化粧品選びのポイントにしてください。