安全な防腐剤

防腐剤は化粧品に必須の成分

 

防腐剤の効果

防腐剤とは名前の通り商品や食品が腐敗したり老朽化しないように防ぐ事ができる薬剤であり、一般的にはどのような商品にも含まれています。

 

化粧品にも含まれていることが多く、化粧品に使用されている防腐剤はパラペンと呼ばれて多くの商品に採用されています。

 

防腐剤そのものが体に悪いのではないかと言う悪いイメージを持たれている事が多く、化粧品に含まれているパラペンも危険なのではないかと感じている人が少なくないと言われています。

 

そのため最近ではパラペンフリーと言う防腐剤の入っていない化粧品が販売されるようになっており、一部では敏感肌のように肌が弱い人が好んで購入していると言う傾向もあるようです。

 

ですが実は防腐剤が入っていない化粧品と言うものは存在しておらず、逆に防腐剤が入っていない化粧品の方が危険だと言われています。

 

特に敏感肌の人が防腐剤なしのものを使った場合は非常に危険で、肌が敏感だと言う人は必ず防腐効果のある化粧品を使わないといけないのです。


 

パラベン入りこそ安全な場合も多々あります

 

防腐剤の効果

ではそもそも何故、化粧品関連のアイテムが防腐されているのかというと、これらのアイテムは3年間の品質保持をしなければいけないという決まりがあるからです。

 

そしてアイテムの成分のほとんどに水が含まれているのですが、水は何もいれずに放置しているとやがて腐ってしまうと言う危険性があります。

 

つまりスキンケアなどのコスメ商品が防腐されていない状態だとすぐに品質が悪化して使えなくなってしまったり、最悪の場合はゴミが混ざってしまうので肌にとっては悪影響しか出てこないというわけです。

 

このような事を防ぐために全ての化粧品には防腐対策が施されているので、特に肌が敏感だと言う人の場合はこのような対策のおかげで肌が守られていると言っても過言ではないと言う事になります。

 

ちなみに、化粧品に使用されているパラペンは人体にとっても安全であると言う事が証明されているので、含まれているからといって普通の肌の人だけではなく肌が敏感な人にも危険だと言う事はありません。

 

しかも化粧品に含まれているパラペンはわずか1パーセント以下とほとんど含まれていないレベルなので人体に害悪を与える心配はないとされていますし、パラペンが含まれていると表示されていても気にすることなく使用することができます。

 

逆にパラペンフリーの商品はパラペン以外の防腐対策が施されているので、場合によってはそちらの方が肌が敏感な人にとっては危険であるとも言われています。


 

関連ページ

敏感肌のメカニズム
化粧品には、敏感肌用というジャンルがありますが、敏感肌という病名はありません。ですが、現実には自分が敏感肌と思っている人も多いですし、実際に肌が乾燥し敏感な肌質の人が多いのも事実。敏感肌のメカニズムについて探ります。
原因とその対策
乾燥肌と敏感肌はセットのようなもの。乾燥肌になると敏感肌になる人がほとんどです。冬の空気が乾燥している時はさらに要注意。乾燥すると外部からの刺激に対して弱くなるため、十分なスキンケアを心がけましょう。
使いたくない化粧品成分
敏感肌のあなたに合わない化粧品成分はなんでしょうか?また防腐剤は肌に悪いという固定概念がありますが、敏感肌にとって防腐剤はあった方が良い成分です。誤解している情報を消し去り正しい敏感肌のスキンケアを行いましょう。
食事内容を見直す
敏感肌の人が改善すべき点の一つとして食生活がある。肌の調子を悪くする食事をしていては、良い化粧品を使っていても敏感肌が治るはずがない。肌に良い食事をして、腸内環境を整えよう。
生活習慣を改める
敏感肌を生み出す一番多い生活習慣と言えば、間違ったスキンケア。時間をかけて洗顔したり、ゴシゴシ洗うのは厳禁。食生活の乱れや睡眠不足も敏感肌に繋がります。悪い生活習慣は敏感肌に直結しますから、良い生活習慣を心がけましょう。
有効な化粧品成分
敏感肌でも使える化粧品には共通してどんな成分が入っているのでしょうか?最近話題のセラミドとはどんな効果があるのでしょうか?保湿力を高め、外部の刺激から守ってくれる化粧品の成分をしっかりご紹介します。
選んではいけない化粧品
敏感肌の人は外部からの刺激が天敵です。化粧品だって刺激の強いものをつけていたらそれも肌にダメージを与えます。刺激の弱い保湿効果が高い化粧品を選んで下さい。若い時に使っていた刺激が強い化粧品はご法度です。
アトピー肌の対策
アトピー肌とは過敏症の一つで、皮膚が炎症を起こしやすかったり、水分の保持力が低下しているためにひどい乾燥状態になったりしている状態の肌のこと。アトピー肌になってしまう原因と対策をまとめました。化粧品選びのポイントにしてください。