敏感肌に無効な化粧品成分

敏感肌に合わない成分とは?

 

敏感肌の化粧品

敏感肌・乾燥肌と言ってもひとくくりに出来ないのが、人の肌質というものです。合う合わないは化粧品を使ってみたいとわからないのです。

 

敏感肌・乾燥肌の方が刺激を感じやすいと呼ばれている成分を紹介します。

 

まず、避けるべき代表格はエタノール。

 

エタノールは気化のスピードがとても速く、その際、周りの水分子も巻き込む性質があります。お肌にある水分がエタノールと一緒に蒸発してしまうのです。結果お肌に乾燥をもたらしてしまうのです。

 

そもそもエタノールはアルコールのことです。アルコールに弱い人は皮膚のほうでも、アレルギー反応が出てしまうかもしれません。

 

他には、メチル・プロピル・ブチル・エチルパラベンなどの防腐剤。皮膚炎症やアレルギー反応を起こす可能性があります。

 

トリエタノールアミン(TEA)ジエタノールアミン(DEA)は、泡立たせるために配合される成分なのですが、動物実験ではガン発症の事例もあります。

 

「FD&C」「D&C」と表記される合成着色料は、お肌の刺激が強く、こちらも発がん性をもっていると言われます。

 

肌に合うかどうかはひとそれぞれです。トラブルが起きた場合はその化粧品に含まれる成分をメモしておくのが、これからの自分にあったスキンケアを選ぶ大事なポイントです。


 

防腐剤は敏感肌に悪ではない

 

敏感肌の化粧品

化粧品には多くの保存料・防腐剤が入っています。敏感肌・乾燥肌の方はなるべく低刺激なものを選ぶので余計なものははいってない「無添加化粧品」が良いのでは?と思いがちです。

 

化粧品は製造するとき無菌状態で作られいます。そのままあなたの手元に無菌状態で届きます。では、開封して使用するときにはどうでしょうか?空気中から入り込む菌、指先についてる菌などが逆に入り込みます。

 

特に美容成分が多く含まれる化粧品には菌の栄養素がたくさん。絶好の繁殖場所になってしまうのです。

 

これを防ぐのが保存料・防腐剤になります。ただ防腐剤にも色々な種類があります。敏感肌・乾燥肌の方に合わない防腐剤もありますので、しっかり選ぶことが大切です。

 

無添加化粧品とは聞こえはとても良いですが、菌の繁殖を抑える力のないものです。一度で使い切るタイプのものなら繁殖する時間はないかもしれません。
ですが、1か月近く毎日使うものです。しっかりと安全に守られているものを選びましょう。


 

関連ページ

敏感肌のメカニズム
化粧品には、敏感肌用というジャンルがありますが、敏感肌という病名はありません。ですが、現実には自分が敏感肌と思っている人も多いですし、実際に肌が乾燥し敏感な肌質の人が多いのも事実。敏感肌のメカニズムについて探ります。
原因とその対策
乾燥肌と敏感肌はセットのようなもの。乾燥肌になると敏感肌になる人がほとんどです。冬の空気が乾燥している時はさらに要注意。乾燥すると外部からの刺激に対して弱くなるため、十分なスキンケアを心がけましょう。
食事内容を見直す
敏感肌の人が改善すべき点の一つとして食生活がある。肌の調子を悪くする食事をしていては、良い化粧品を使っていても敏感肌が治るはずがない。肌に良い食事をして、腸内環境を整えよう。
生活習慣を改める
敏感肌を生み出す一番多い生活習慣と言えば、間違ったスキンケア。時間をかけて洗顔したり、ゴシゴシ洗うのは厳禁。食生活の乱れや睡眠不足も敏感肌に繋がります。悪い生活習慣は敏感肌に直結しますから、良い生活習慣を心がけましょう。
有効な化粧品成分
敏感肌でも使える化粧品には共通してどんな成分が入っているのでしょうか?最近話題のセラミドとはどんな効果があるのでしょうか?保湿力を高め、外部の刺激から守ってくれる化粧品の成分をしっかりご紹介します。
防腐剤は必須成分
防腐剤と聞くと肌に悪いもの!っていうイメージがあります。化粧品には入っていない方が良いと思われているかと思いますが、化粧品を腐敗させず老朽化しないように守ってくれる薬剤です。敏感肌の方には防腐剤は結構大切。防腐剤の知識を増やして行きましょう!
選んではいけない化粧品
敏感肌の人は外部からの刺激が天敵です。化粧品だって刺激の強いものをつけていたらそれも肌にダメージを与えます。刺激の弱い保湿効果が高い化粧品を選んで下さい。若い時に使っていた刺激が強い化粧品はご法度です。
アトピー肌の対策
アトピー肌とは過敏症の一つで、皮膚が炎症を起こしやすかったり、水分の保持力が低下しているためにひどい乾燥状態になったりしている状態の肌のこと。アトピー肌になってしまう原因と対策をまとめました。化粧品選びのポイントにしてください。