敏感肌の予備知識

敏感肌、乾燥肌の予備知識

 

敏感肌、乾燥肌になる人は、保湿が足りていないという共通点があります。

 

乾燥肌から転じて、敏感肌になっていく人が多いため、肌を乾燥させないように気を付ける必要があります。

 

乾燥肌にならないためには、肌を保護する皮脂を増やし、水分を蒸発させないようにすることが重要。そして、保湿成分を外から補給することも大切です。

 

中からと外から、水分をたっぷり蓄える、プルンプルンの肌を目指して、正しいスキンケアを行ってください。

 

その為の予備知識を集めましたので、敏感肌対策としてご活用ください。

 

敏感肌の予備知識記事一覧

最近化粧品のラインナップの中に「敏感肌用」というものがありますが、実際に敏感肌という病名はありません。しかし現実には多くの方が自分を敏感肌だと思い、何らかの対策を講じようとしているのです。一般的に敏感肌と呼ばれるのは化粧品や食品、洗剤、衣類、そしてアレルギー物質などが原因で肌に炎症が起こる状態をいいます。お肌が外からの刺激に大変弱くなってしまっていてあらゆる症状を引き起こしてしまうのです。

乾燥肌は、肌の水分が少なく、肌が比較的乾燥しやすい状態です。そのため、冬場などは通常の人よりも肌が乾燥しやすく、肌の表面がかさかさの状態や、少し白くこなをふいたような状態になり、見た目などもあまりきれいな肌にはみえません。敏感肌の場合でも、肌が乾燥しやすい、また外部からの刺激に弱いため、どちらもしっかりとしたスキンケアをすることや生活習慣などを改善していき、肌の状態をできるだけきれいな状態、肌が乾...

敏感肌・乾燥肌と言ってもひとくくりに出来ないのが、人の肌質というものです。合う合わないは化粧品を使ってみたいとわからないのです。敏感肌・乾燥肌の方が刺激を感じやすいと呼ばれている成分を紹介します。まず、避けるべき代表格はエタノール。エタノールは気化のスピードがとても速く、その際、周りの水分子も巻き込む性質があります。お肌にある水分がエタノールと一緒に蒸発してしまうのです。結果お肌に乾燥をもたらして...

敏感肌とは少しの刺激でお肌に炎症やかゆみ、ほてり、痛みなどを引き起こしてしまう状態の肌のことで、先天的な原因と後天的な原因の二つがあります。子供のころから敏感肌で肌トラブルが多いという方でなく、生活習慣の乱れから後天的に敏感肌になったという方であれば、生活習慣を改善すれば劇的にお肌の調子が良くなります。一番簡単な生活習慣の改善方法は食事です。お肌の調子を悪くしてしまう食事をしている敏感肌は改善され...

敏感肌を生み出す一番多い生活習慣と言えば、間違ったスキンケアでしょう。たっぷり時間をかけて洗顔したり、ゴシゴシお肌をこするように洗ってしまっては、肌にダメージを与えてしまい、敏感肌を助長させてしまいます。また最近人気のふき取りシートを利用してクレンジングをするのも、敏感肌になりやすくなります。さらにお肌に良いと思って使用している美容液や乳液も効果が高い分、お肌に刺激が強い場合があり、余計に肌トラブ...

化粧品には様々なタイプがありますが、その中でも敏感肌専用の化粧品は肌に優しい成分を配合して作られています。なぜなら高機能スキンケアでも肌に少しでも刺激を与えるようなものであれば、敏感肌の場合はそれがすぐに肌トラブルの元になってしまうからです。なぜそのように刺激に弱いのかというと、敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているからです。人の肌は本来、高い保湿力と保水力からなるバリア機能があります。しかし、...

防腐剤とは名前の通り商品や食品が腐敗したり老朽化しないように防ぐ事ができる薬剤であり、一般的にはどのような商品にも含まれています。化粧品にも含まれていることが多く、化粧品に使用されている防腐剤はパラペンと呼ばれて多くの商品に採用されています。防腐剤そのものが体に悪いのではないかと言う悪いイメージを持たれている事が多く、化粧品に含まれているパラペンも危険なのではないかと感じている人が少なくないと言わ...

肌荒れに悩む方は、生活習慣や食生活の乱れ、また気温の変化やその他にも生活環境、紫外線、化粧品などさまざまなものが原因として考えられます。また、肌も人それぞれ特徴があり、敏感肌の場合には肌が乾燥しやすく、外部からの刺激に弱いという特徴があるため、本来肌をきれいにするため、状態を改善するために用いられる化粧品などによっても肌にあわず、刺激が強すぎてしまうことがあります。敏感肌の場合には、選んではいけな...

アトピー肌とは過敏症の一つで、皮膚が炎症を起こしやすかったり、水分の保持力が低下しているためにひどい乾燥状態になったりしている状態の肌を指します。アトピー肌は、激しい痒みや痛みを伴うことが多く、皮膚科などでステロイド剤を処方される場合もあります。アトピー肌は中々完治が難しく長年患っている人が多いのが現状です。