敏感肌の間違ったスキンケア

敏感肌がやらない方が良いスキンケア

 

敏感肌,乾燥肌,スキンケア

毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。

 

例えば美容液や乳液は保湿効果が高い分、刺激が強い場合が多いので使用しない方が良いこともあります。また無添加だから良いと思いがちなスキンケアのラインナップでも、自分の肌に合わないオイルが使用されていて肌トラブルになったというケースも少なくありません。

 

皮膚科に相談してみることも大切ですが、今一度自分のスキンケアを見直してみて、改善すべき点があるかどうかチェックしてみましょう。


 

敏感肌が使わない方が良い化粧品

 

敏感肌,乾燥肌,スキンケア

ただでさえ異物の影響を受けやすい敏感肌ですから、化粧品の成分には注意をした方が良いです。

 

例えば化粧品は封を開けてから菌が繁殖しないようにメチル、プロピル等の防腐剤や保存料が使用されているものが多いです。中には有毒物質を発散させるものが使用されている化粧品もありますから、敏感肌の方は使用しないようにしてください。

 

次に、ラウリル硫酸ナトリウムジエタノールアミンなどは、泡立ちをよくするために配合されている場合があります。中には動物実験でガンが発症したという事例があるものも使用されているケースがあります。これらの物質は敏感肌だけでなく健康的な肌の場合にもダメージを与えますから、これらの成分が入っていない化粧品を選ぶようにしましょう。

 

さらに香料や合成着色料も敏感肌の人は避けた方が無難です。今までスキンケアで使用していた化粧品で合わなかったものをピックアップしておいて、どの成分が自分に合わないかをチェックしておくことをおすすめします。


 

敏感肌におすすめするスキンケア法

 

敏感肌,乾燥肌,スキンケア

もし誤ったスキンケアをしているのであれば、すぐに改善していきましょう。

 

例えば洗顔でゴシゴシ洗っているとか、洗顔に時間をかけているのはNGです。優しくぬるま湯で短時間で洗うように改善してください。またコットンを使用して化粧水をパッティングするのも敏感肌の方にとっては刺激になるので、手で優しく肌に馴染ませるように改善してください。

 

また敏感肌の方は水分や油分を多く取り込めるように改善していくことが大切です。セラミドを多く配合している化粧水や保湿クリームを使用すれば乾燥を防ぎ、肌のバリア機能をアップさせてくれます。地道な改善でお肌は再生しますから、じっくり腰を据えて取り組んでください。


 

関連ページ

おすすめ洗顔法!
敏感肌は少しの刺激でもお肌のトラブルになる。敏感肌がやるべき最初の改善は洗顔方法。正しい洗顔方法を気を付けるだけで敏感肌を克服することも出来ます。間違った洗顔方法を今日からやめて敏感肌に合った洗顔法を取り入れよう。
おすすめしたい美容成分5選
敏感肌、乾燥肌に有効な美容成分をご紹介。セラミドをはじめとし、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン。おなじみに美容成分から、難しい美容成分まで。シンプルな美容成分で敏感肌に対策しましょう!
年齢にあったスキンケア
10代20代30代、それぞれの年代で最適なスキンケア方法は変わってきます。お肌のターンオーバーのサイクルも違いますし、肌トラブルの種類も異なります。年齢にあったスキンケアを行いましょう。
スキンケア方法
敏感肌の方はスキンケアを大切にしましょう。少しでも刺激を感じるようであればそのスキンケア方法はやめるべき。肌を刺激しないのが一番です。刺激が強いと乾燥肌になってしまいます。肌の保湿を考慮してスキンケアを行いましょう。
保湿成分が効く!
敏感肌は乾燥肌。しっかり保湿が出来る化粧品を選びましょう。保湿成分として最適なのはセラミド。セラミドは人間の皮膚にもある成分。加齢とともに減ってくるので、しっかり補いましょう。保湿と肌の保護をしてくれる成分セラミドは必須美容成分です。
30代のスキンケア
30代になると肌質も変わってきます。若かりし頃は潤いがあったのにと思うのも30代から。ハリ・つやがなくなったと嘆かずに、正しいスキンケアを心がけましょう。刺激が弱く保湿成分がたっぷり入った化粧品を選ぶのがコツ。基礎化粧を怠らないように!
化粧品の選び方
敏感肌はバリア機能が低下し皮膚が乾燥している肌状態のこと。刺激が強い化粧品を使ってはいけません。アヤナスのようなエイジング化粧品を使って肌に自然な潤いを取り戻すことを意識しましょう。ベースメイクはパウダータイプがベストです。