敏感肌克服洗顔法

敏感肌がやってはいけない洗顔方法

 

敏感肌,乾燥肌,洗顔方法

敏感肌の方は少しの刺激でもお肌のトラブルが悪化してしまうので、日常生活において食生活や睡眠、スキンケアなど気を付けた方が良いです。敏感肌の方がまず取り組みやすい改善方法と言えば洗顔でしょう。洗顔法を意識するだけで、炎症やほてり、痛みなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

 

敏感肌の方にはNGとなる洗顔法と言えば熱いお湯や、冷たい水で洗うことです。熱いお湯だとお肌の皮脂を過剰に洗い流してしまいますし、熱さ自体が刺激となります。

 

反対に冷たい水の場合はお肌が引き締まるような気がしますが、引き締まるのは実は洗顔直後だけで、実はお肌の乾燥を招くだけであまり意味がありません。ぬるま湯で優しく洗い流すのが敏感肌の方がするべき洗顔法です。


 

敏感肌には気を付けて欲しい洗顔方法

 

敏感肌,乾燥肌,洗顔方法

敏感肌の方には気を付けて頂きたいのがクレンジングです。誤った洗顔法をしてしまうとそれだけでかなりお肌にダメージを与えてしまいますから気を付けましょう。

 

一番やってはいけない洗顔法はゴシゴシ洗う方法です。ゴシゴシ洗うことでお肌に負担をかけ、お肌のバリア機能が正常に働かなくなりアレルギー物質などの異物がお肌に浸透しやすくなってしまいます。

 

最近の洗顔法ではシートでふき取るだけのものが手軽で人気がありますが、これもお肌に刺激を与えてしまいますから止めてください。出来ればジェルタイプやクリームタイプのものがお肌に刺激を与えないのでおすすめです。

 

またジェルタイプやクリームタイプのクレンジングがいくらお肌に優しいとはいっても長時間顔に乗せておくのは厳禁です。顔に塗布したら40秒以内に洗い流すようにしてください。洗顔法をちょっと意識するだけで、お肌のハリやツヤが断然変わってきますから、諦めずに長期間試してみてください。


 

保湿の為に、洗顔後は敏感肌用化粧品を

 

敏感肌の方に一番おすすめなのは敏感肌用の化粧品のラインナップを使用することです。洗顔もこれらの化粧品を説明書通りにきちんと使いこなせば、洗顔法に悩まなくても良くなります。

 

特に敏感肌の方は通年乾燥しがちですから、洗顔後に保湿成分セラミドが多く配合された化粧水や保湿クリームを使用するとお肌の中の水分や油分をしっかり閉じ込めてくれて、使い続ければきめ細やかで弾力のあるお肌になるのでおすすめです。

 

敏感肌用の化粧品としてはポーラのアヤナスシリーズが人気があるので、興味があれば是非公式サイトを覗いてみてください。

 

↓アヤナス公式サイト↓
https://www.decencia.co.jp

 

関連ページ

間違いだらけのスキンケア
毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。
おすすめしたい美容成分5選
敏感肌、乾燥肌に有効な美容成分をご紹介。セラミドをはじめとし、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン。おなじみに美容成分から、難しい美容成分まで。シンプルな美容成分で敏感肌に対策しましょう!
年齢にあったスキンケア
10代20代30代、それぞれの年代で最適なスキンケア方法は変わってきます。お肌のターンオーバーのサイクルも違いますし、肌トラブルの種類も異なります。年齢にあったスキンケアを行いましょう。
スキンケア方法
敏感肌の方はスキンケアを大切にしましょう。少しでも刺激を感じるようであればそのスキンケア方法はやめるべき。肌を刺激しないのが一番です。刺激が強いと乾燥肌になってしまいます。肌の保湿を考慮してスキンケアを行いましょう。
保湿成分が効く!
敏感肌は乾燥肌。しっかり保湿が出来る化粧品を選びましょう。保湿成分として最適なのはセラミド。セラミドは人間の皮膚にもある成分。加齢とともに減ってくるので、しっかり補いましょう。保湿と肌の保護をしてくれる成分セラミドは必須美容成分です。
30代のスキンケア
30代になると肌質も変わってきます。若かりし頃は潤いがあったのにと思うのも30代から。ハリ・つやがなくなったと嘆かずに、正しいスキンケアを心がけましょう。刺激が弱く保湿成分がたっぷり入った化粧品を選ぶのがコツ。基礎化粧を怠らないように!
化粧品の選び方
敏感肌はバリア機能が低下し皮膚が乾燥している肌状態のこと。刺激が強い化粧品を使ってはいけません。アヤナスのようなエイジング化粧品を使って肌に自然な潤いを取り戻すことを意識しましょう。ベースメイクはパウダータイプがベストです。