敏感肌の食事内容

敏感肌は避けたい食べ物

 

敏感肌,乾燥肌,化粧品,食事内容

敏感肌とは少しの刺激でお肌に炎症やかゆみ、ほてり、痛みなどを引き起こしてしまう状態の肌のことで、先天的な原因と後天的な原因の二つがあります。子供のころから敏感肌で肌トラブルが多いという方でなく、生活習慣の乱れから後天的に敏感肌になったという方であれば、生活習慣を改善すれば劇的にお肌の調子が良くなります。

 

一番簡単な生活習慣の改善方法は食事です。お肌の調子を悪くしてしまう食事をしている敏感肌は改善されないばかりか、悪化して第一印象が10歳以上、老けて見られることもあり得ます。

 

避けたい食事

そうならないためにも改善してほしい食事内容があります。それは脂っこいものや甘いものです。脂っこいものや甘いものは美味しいですが、腸内環境が悪化してお肌のトラブルだけでなく、体全体に悪い影響を及ぼしますから食べ過ぎているなという方は改善するようにしてください。

 

また小麦や大麦などグルテンを多く含む食事は肌トラブルを招きやすいので避けるようにしましょう。最近ではグルテンフリーの食事もありますから、最近お肌の調子が悪いなと思ったらしばらくグルテンをはじめ、炭水化物の摂取量を減らすと良いです。

 

またお酒やカフェインなどの嗜好品はビタミンやミネラルを体外へ排出してしまいやすいですし、アイスやジュースなどの冷たい食事は体を冷やしてしまいますので、どちらもお肌に悪影響を及ぼします。少量なら構いませんが、過度の摂取は控えるようにしましょう。


 

敏感肌が摂りたい食べ物

 

敏感肌,乾燥肌,化粧品,食事内容

それでは敏感肌を改善する食事とはどのようなものでしょうか。それは栄養バランスの良い食事です。

 

ビタミンを摂る

特に皮膚や粘膜を保護し、肌のターンオーバーを助けてくれるビタミンAや、コラーゲンの生成を手助けしてくれるビタミンCは意識して摂取するようにしましょう。

 

タンパク質を摂る

またお肌を作る元となるたんぱく質も重要です。卵や肉、乳製品、納豆など色々な食材からたんぱく質を摂取するようにしてください。特にたんぱく質や体力維持のために必要ですから、必要量はきちんと摂るようにしてください。

 

ミネラルを摂る

ピーマンやキャベツ、ブロッコリーのような緑黄色野菜やキウイやりんご、柿などの果物をいつもの食事に加えるようにすると良いです。もし忙しくてどうしても自炊が難しいようであれば、ビタミンやミネラルを豊富に含んだサプリメントの使用も良いでしょう。

 

しかしサプリメントはあくまでも補助食品ですから、できるだけいつもの食事で栄養分を摂るように改善してください。


 

関連ページ

敏感肌のメカニズム
化粧品には、敏感肌用というジャンルがありますが、敏感肌という病名はありません。ですが、現実には自分が敏感肌と思っている人も多いですし、実際に肌が乾燥し敏感な肌質の人が多いのも事実。敏感肌のメカニズムについて探ります。
原因とその対策
乾燥肌と敏感肌はセットのようなもの。乾燥肌になると敏感肌になる人がほとんどです。冬の空気が乾燥している時はさらに要注意。乾燥すると外部からの刺激に対して弱くなるため、十分なスキンケアを心がけましょう。
使いたくない化粧品成分
敏感肌のあなたに合わない化粧品成分はなんでしょうか?また防腐剤は肌に悪いという固定概念がありますが、敏感肌にとって防腐剤はあった方が良い成分です。誤解している情報を消し去り正しい敏感肌のスキンケアを行いましょう。
生活習慣を改める
敏感肌を生み出す一番多い生活習慣と言えば、間違ったスキンケア。時間をかけて洗顔したり、ゴシゴシ洗うのは厳禁。食生活の乱れや睡眠不足も敏感肌に繋がります。悪い生活習慣は敏感肌に直結しますから、良い生活習慣を心がけましょう。
有効な化粧品成分
敏感肌でも使える化粧品には共通してどんな成分が入っているのでしょうか?最近話題のセラミドとはどんな効果があるのでしょうか?保湿力を高め、外部の刺激から守ってくれる化粧品の成分をしっかりご紹介します。
防腐剤は必須成分
防腐剤と聞くと肌に悪いもの!っていうイメージがあります。化粧品には入っていない方が良いと思われているかと思いますが、化粧品を腐敗させず老朽化しないように守ってくれる薬剤です。敏感肌の方には防腐剤は結構大切。防腐剤の知識を増やして行きましょう!
選んではいけない化粧品
敏感肌の人は外部からの刺激が天敵です。化粧品だって刺激の強いものをつけていたらそれも肌にダメージを与えます。刺激の弱い保湿効果が高い化粧品を選んで下さい。若い時に使っていた刺激が強い化粧品はご法度です。
アトピー肌の対策
アトピー肌とは過敏症の一つで、皮膚が炎症を起こしやすかったり、水分の保持力が低下しているためにひどい乾燥状態になったりしている状態の肌のこと。アトピー肌になってしまう原因と対策をまとめました。化粧品選びのポイントにしてください。