敏感肌 スキンケア

敏感肌が気をつけたいスキンケア方法

 

敏感肌のスキンケア

敏感肌の方は、スキンケアを一番大切にしなければなりません。少しでも刺激を感じるような洗顔料や美容液などがあれば、すぐに使用を中止して肌を休めることが大切です。

 

敏感肌の方は肌の表皮が薄いことも原因になるので、合わないコスメを使用し続けていると乾燥肌にもなってしまうことがあります。

 

天然素材で成分がはっきりしているものを使い、パッチテストをしてから使い始めることが重要です。

 

アルコールや香料が入っているものは最初はよくても数日たってから、肌にダメージが表れてくることがありますので注意が必要です。

 

できれば朝か夜1度だけの洗顔にし、あとはぬるま湯か水で軽く洗い流すか、乳液タイプのクレンジング剤で汚れをさっとふき取るだけにして、潤いを取り過ぎないようにするのが大切です。

 

スキンケアの刺激が強すぎて敏感肌になることもありますので、ごしごしこすったりせず、やわらかくなでるようにマッサージするのが大切です。

 

タオルなどにもこだわり、天然成分でふわっと包み込んでくれるような触感の柔らかいものを選び、肌の水分をしっかり吸収させることが大切です。

 

スキンケアがうまくできていれば、日常生活に支障が出てくることはありません。


 

関連ページ

おすすめ洗顔法!
敏感肌は少しの刺激でもお肌のトラブルになる。敏感肌がやるべき最初の改善は洗顔方法。正しい洗顔方法を気を付けるだけで敏感肌を克服することも出来ます。間違った洗顔方法を今日からやめて敏感肌に合った洗顔法を取り入れよう。
間違いだらけのスキンケア
毎日スキンケアを頑張っているけれど、痒みや炎症など肌トラブルが多いという方はスキンケア方法を改善した方が良いかもしれません。実は良かれと思っているスキンケアが敏感肌を助長しているのかもしれないからです。
おすすめしたい美容成分5選
敏感肌、乾燥肌に有効な美容成分をご紹介。セラミドをはじめとし、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン。おなじみに美容成分から、難しい美容成分まで。シンプルな美容成分で敏感肌に対策しましょう!
年齢にあったスキンケア
10代20代30代、それぞれの年代で最適なスキンケア方法は変わってきます。お肌のターンオーバーのサイクルも違いますし、肌トラブルの種類も異なります。年齢にあったスキンケアを行いましょう。
保湿成分が効く!
敏感肌は乾燥肌。しっかり保湿が出来る化粧品を選びましょう。保湿成分として最適なのはセラミド。セラミドは人間の皮膚にもある成分。加齢とともに減ってくるので、しっかり補いましょう。保湿と肌の保護をしてくれる成分セラミドは必須美容成分です。
30代のスキンケア
30代になると肌質も変わってきます。若かりし頃は潤いがあったのにと思うのも30代から。ハリ・つやがなくなったと嘆かずに、正しいスキンケアを心がけましょう。刺激が弱く保湿成分がたっぷり入った化粧品を選ぶのがコツ。基礎化粧を怠らないように!
化粧品の選び方
敏感肌はバリア機能が低下し皮膚が乾燥している肌状態のこと。刺激が強い化粧品を使ってはいけません。アヤナスのようなエイジング化粧品を使って肌に自然な潤いを取り戻すことを意識しましょう。ベースメイクはパウダータイプがベストです。